経営者と現場と場活師の「三位一体」による風土革新のプロジェクト 「場活」実績紹介

カラフルカンパニーの限界はここじゃない。 株式会社カラフルカンパニー 丸山雄大

危機的な経営状況から、半年足らずで主力事業である生活情報誌の過去最高売上を2度も更新する会社に変貌を遂げた株式会社カラフルカンパニー。

このカラフルカンパニー復活劇の中心的役割を担ったのが、中井社長が任命した13人の社内活性化プロジェクトメンバーだった。
彼らの目にこのプロジェクトはどのように映っていたのだろうか。

プロジェクトメンバーの1人、丸山雄大さんにお話を伺った。

人には求めるのに自分は動かない。そんな関係。

――社内活性化プロジェクトが始まる以前、カラフルカンパニーはどのような雰囲気でしたか?

基本的に部署間には壁があったように思います。私は制作領域を担当する部署にいたんですが、制作に必要な情報が営業から入ってくるのが遅くていつもイライラしていました。でもそれを解決する方法が見つけられなくて(営業がはっきり指示を出してくれないから、うまくいかないんだ)と不満を抱いていました。

一方、営業は営業で、自分たちの思ったように制作が動いてくれないことに対しいらだちを募らせていたようです。今思えば、きっと営業は営業の、制作は制作の言い分や考えがあったと思うんですけど、そういう相手の立場を思いやったり、考えに耳を傾けたりといったコミュニケーションが当時の僕たちにはできていませんでした。

相手に対して「こうしてほしい」「こうでないと困る」という要望はするけれども、相手の要望を受け入れることはしないし、ましてや事前にトラブルを回避したり仕事を改善したりするために自分から率先して動くこともない。当時の制作と営業はそんな関係でした。

社内活性の推進役が本当に自分にできるんだろうか…。募る不安。

――社内活性化プロジェクトのことを丸山さんが知ったのはいつですか?

プロジェクトが始まる2カ月ぐらい前の2012年4月です。社長の中井から1通のメールが来ました。そこには「カラフルカンパニーを人をどんどん成長させていけるような会社にしたい。そのために社内活性化プロジェクトを発足させる。あなたはそのプロジェクトメンバーに選ばれました」といったことが書かれていました。

――それを見た時はどう思いましたか?

最初はとにかく驚きました。(えっ!? 社内活性化プロジェクトって何のこと?)という感じで。
でも中井からのメールの本文に研修の日程も書かれていたので、(あ、もう進んでいることなんだな)とわかって、プロジェクトに参加すること自体は意外とすんなり受け止めることができました。
ただ、プロジェクトメンバーになると自分が集合研修で学んだことを、部署に戻って周囲の人に伝えたり、他の人たちを巻き込みながら活性化に向けた社内活動を進めていかなければいけないので、(そんなことが本当に自分にできるんだろうか…)という不安はありましたね。

――その不安は払拭されましたか?

1回目の集合研修の最後に、その日を振り返って感想を言い合うセッションがあったんですが、その時には不安な気持ちがかなり払拭されていたんじゃないかと思います。
その日、場活師(講師)の泉さんに「会社の活性化のために自分はどんな役割を担えると思うか?」という質問をされたんですが、僕は具体的に自分が何ができるのかが思い浮かばなかったんです。
ただ「体現すること」ならできるんじゃないかと思って、「僕自身が変われば、集合研修で得た学びが一番わかりやすい形で同じ部署のみんなに伝わると思う。
今の僕は人前で話すことがすごく苦手だけど、研修の内容をしっかりと人に伝えられるようになろうと思う」ということを、プロジェクトメンバーの前で言いました。

このページの上部へ